スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
*ずっと大好きな映画。


子供の頃から大好きだった映画を久々に観ました。

「ラビリンス」

さらわれた弟を取り戻す為に迷宮世界へ向かう姉の冒険物語です。幼心にはデビット・ボウイ(魔王)が怖かった記憶が・・。でもとにかくこの映画のエッシャーのような不思議な世界観にドキドキワクワクしたものです。



改めて観ると怖いどころか、劇中で歌まで披露するデビット・ボウイに茶目っ気すら覚えます。若き日のジェニファー・コネリーが美しすぎるのであります。




「モモ」

図書館に必ずあったあのオレンジ色の本。でも私は本より先にこの映画から入りました。(最近懐かしくなって本も改めて購入しましたが。)モモの可愛さも勿論好きなのですが、時間を盗むスーツ姿の集団(しかも全身灰色で葉巻を吸っていないと消えてしまう)という設定がカッコイイ!と惹かれた記憶が。改めて観てもやっぱり同じ点に惹かれるのだけど、加えて映像そのもののチープかっこ良さにも感嘆。中学か高校の頃かな?このスーツ姿の男達観たさに間違えて「時計仕掛けのオレンジ」を借りて、ファンタジー観たいと思ったのにえらく暴力的な描写ばっかり出てきてビックリしたことありました。

大人になっても2作とも大好きっ!!
いつか子供と一緒に観たいな。
| 映画なコト | 01:44 | comments(1) | trackbacks(0) |
*「エレクトロマ」と「告白」を観る。


ダフトパンク監督作品『エレクトロマ』を観る。
多少くらいはダフトパンクの曲のイメージや「トロン」のイメージが頭にあったので、裏切られた感はあったけれども、なんだろう、あの感じ、ジワジワきます。

冒頭からダフトパンクの二人(出演しているのは実際には本人たちではないけれども)が乗って登場する“フェラリー412”がとびっきりクールでカッコイイ!ボンドカーとかナイトライダーとも違って、地味なのにカッコイイ。でも、この421はフェラーリファンの間では一番人気の低い車らしいのですけれど。ダフトパンクのディオールオムのブラックのレザージャケットと、彼らのメタル感とにすごく合っているから、尚更素敵に見えるのかも。なんでも、ダフトパンクはこの映画で使用したフェラーリ412を東日本大震災の為にチャリティオークションにかけたそうな。他にもオープニングは、70年代のロードムービー風な感じがします。子供のころテレビなんかでやっていたあの頃の懐かしい感じが好きです。



劇中の研究所?みたいなところの機械のメーター類などのアナログ感も非常に良い。多分セット的にはチープなものだろうと思うのだけどあの感じはやっぱり好きなぁ。セリフらしきものは一切出てこないこの映画。“目”と“口”という表情を作ることのできる役者が一切出てこないのに、主人公たちの心理状態の描写に対して、物足りないとは感じないのも凄いかもしれない。とはいえ、テンポの良い映画ではないので、正直、賛否両論わかれることは必至でしょうけれど、私はすきです。人間になった姿が、それはあんまりだろ・・だったので愕然としましたけど。それも2人の痛々しさに繋げる為の狙い?でしょう、多分。うん。最後の火を包まれたまま歩くシーンは、炎が美しくて巻き戻してみてしまいました。炎が馬のたてがみのようで美しくて。そういう意味で、ダフトパンク2人の映画やアートに対する思いがつまった作品なのだな、と。




続きまして、『告白』を観ました。
まず・・・この映画、凄いです!映画を人に自信をもって薦めるのとか苦手だけど、これは一度観てよ、と言いたいくらいに。前からずっと気になっていて、でもきっと観たらだいぶダークな気持ちに支配されるだろうから・・・心を整えて観ないと・・と思っていたのだけど、だいぶ重いのは間違いがなかったけれども、観終わった後の心の凹み度合いはそうでもない。というか、個人的にはちょっとスカッとしたくらいに。

CMの頃から中島哲也ファンだったので、結構映画作品も観ていたのだけど、色彩強い映像と非日常的なファンタジーの世界観のものが強くて、視覚的な満足度は高くてもストーリーは記憶から薄くなってしまっていたのですが・・・今回は色彩なんかほとんどない世界観なのだけど、でも色彩に溢れる作品以上にその映像から一瞬も目が離せませんでした。どのシーンにも緊迫感があって、怖かったり、美しかったり。あんな重い内容を、美しく描けるのは本当に素晴らしい。中島哲也って本当に凄いなぁ。ストーリーも非常に完成度が高い。是非ご覧いただきたい作品です。
| 映画なコト | 22:05 | comments(0) | trackbacks(82) |
*猫田係長。


先日、実家に帰ったらやや大きめの猫のぬいぐるみが飾ってあって、何これ?と興味を示したら、父が嬉しそうに「左手を握ってみろよ」と言うので、ニャーとか泣くのかしらと思いつつ言われた通りにすると・・・大きめのミュージックに合わせて抜群の腰つきで踊り出した!あっけに撮られて観ていると、サビの前で一旦止まって溜めが入ったりして芸も細かいし!!

人形が入っていた箱をみると「猫田係長」となんともふざけたネーミングの商品であった。まさかコレ、芋洗坂係長からきたネーミングなの?!母が「お父さん滋賀に旅行に行ったお土産にこれ買ってきたんだよ」となぜか少々“まったく可愛らしいんだから、お父さんたら☆”的なまんざらでもない表情で「ねーっ」っと父に視線を流し、さらに父は「そうそう!福井?の東尋坊ってとこで1000円で売ってたんだ!」と自慢げに“これは絶対買いだろ!”的に興奮気味であったけど、隣で“東尋坊ってあの自殺の名所ですか?!”って目を見開いてる彼の言葉にも驚き、なんだかよくわからないけど大興奮した。

どうやら、その日本屈指の自殺の名所にある売店で
山積みで、この猫田係長が、1000円で売られているらしい。
(しかもしかも猫の色は3色あってさ、この色の猫が一番かわいかったんだ〜!と力説する父。)

やっぱり自殺を思いとどまらせる為に、そんなところでこんなふざけた商品を売っているのだろうか・・・しかも1000円という破格で・・

さらに父は愛しそうに猫田係長を見つめながら言う「家から子供はみんな出て行っちゃうし、お父さん寂しくてさ〜こういうの買っちゃうのよ。」と。そんな・・・確か私の記憶では父ってこんなキャラではなかったはず。やはり老いが人を弱くさせるのかしら・・・しかしそれに続けて「早く孫でも・・・」と言い出しかねないので(いや言ってた気もするけど・・・)とっさに、猫田係長の左手を再び握って爆音ミュージックでその父の言葉を遮る。

後から知ったけど、普通のネットでも猫田係長は1000円程度(むしろ以下で)売られていました。でもね、やっぱり東尋坊の売店で1000円で山積みで売られてるのみたらさ、私もきっと買っちゃうわ、お父さん。
| 日々つれづれなコト。 | 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
*フェルメールと有野課長。


先週はフェルメール展を観にいきました。
フェルメールの作品にたどり着くまでの順路では、他の画家達の衣類の素材感を描く技術力に圧巻。でもやっとフェルメールにたどり着いたとき、そこまでの視点は裏切られて、あぁフェルメールの凄さはそういうことでは無いんだろう、と何となく感じました。フェルメールブルーと呼ばれる、青の切なさ。その絵の何を知らなくてもこの色の切なさが人を引きつけてやまないのかも。女性や部屋の中の光を描くことに主眼を置いた構成でフェルメールに導かれる構成も良かったです。

そしてその後は絵画の世界からゲームの世界へ(笑)。
有野課長が東口のタイトーへ来てるとのことで行ってみる。行ったら結構な人!握手待ちの列、Zeppに並んでる人の列かと思った。握手の列に並ぶ熱意まではわかずに遠くから観察。有野課長、予想以上に背が高かった!家族でCXファンの親子連れなども多いのでした。



私も子供を持つ時が来たら、親子してピコピコ8〜16bitの世界で遊びたいなぁ。
| - | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
*ボジョレー2011。


仕事のお付き合いで購入したワインが届き、気がついた解禁日。
今年はおうち飲みでした。



ワインと言えば、先日おそらく仙台で一番と思われる高級マンションへお招き頂きました。窓からは夜景を一望!ホテルからのケータリングに、某高級メーカーのグラスでシャンパンを頂くという、下手なレストランより豪華な宅飲みでした。私は高層マンションには住めない派なのですが、お招きは大歓迎。あ、もとい、高層マンションじゃなくてもお招き大歓迎です(笑)
| お酒なコト | 12:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
*二階堂和美「にじみの旅」 in 桜井薬局セントラルホール


昨日は、隠空さん主催の二階堂和美さんのライブをちょっとお手伝いさせてもらいました。

二カさんは、とってもチャーミングで、こぶしからアンビエントまでとても幅広いライブで、ものすごく楽しかった!ニカさんのエンターテナーなところに感動しました。お客さんもちょっと“若い世代”は通り越した方々。そんな年代だからこそ盛り上がる味のあるライブ。みんなニカさんの虜になってしまったに違いありません。cinema dub monksの演奏もすごく素敵でした。

それと、会場の桜井薬局セントラルホールさん。ライブ会場としては初めて利用させて頂いたのですが、とっても支配人さんもあたたかくて。ライブ会場としてもとても素敵でした。

チケットは完売してしまったけど、同じく隠空さん主催で松島の松華堂菓子店さんでも6日にはライブが。円通院のライトアップ鑑賞券付き!ですって。そちらもとっても楽しそうだなぁ。

| 音楽なコト | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
*「東京オアシス」を観る。


「東京オアシス」を観に行きました。

このシリーズ、ストーリーというよりも、ひとつひとつの会話に大切なものが詰め込まれているようです。
何かに疲れたり、何か変えてみたくなったり、でもやっぱりそんなに変えられなかったり、かと思えばふとしたことで心が軽くなって前向きになれたり。そんな日常と、自信自身に向き合う時間を無性に愛おしく感じました。
| 映画なコト | 13:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
*秋旅アルバム。


秋旅、して参りました。
おやつは一人500円までだからね。



さて、腹がへっては何とかであるからして。
山形・南陽市「萩の源蔵そば」。
途中のエコーラインの紅葉、美しくて撮るの忘れてしまったわ。



蕎麦の葉って美味しいんだね。



美味しい天ぷらとお蕎麦。

山形で食したお蕎麦の中でもトップクラスで心がざわめきます。



早めに宿に行こうと思ったけど、我侭言って寄り道した上杉神社。

誕生日占いやったら、なんだかやたら当たってるみたいでスゴイ。



コーイ、コイコイ!
って言うと鯉が集ってくるって昔おばあちゃんに教えてもらったので、
大人になっても実践しています。



宿泊先は、米沢「時の宿 すみれ」。お二人様専用宿。
時計もテレビもない、語らうための宿。地ビールでとりあえず乾杯。



夕食は米沢牛のコース。
次はワインかな、いや〜日本酒でしょ。って真剣会議するの楽しい。

明日は「トトロの森」行くのムニャムニャ。



ハッ!
トトローーーーーーーーーーーーーだっ!!
トトロの森を守るのはなごやかなご家族でした。



天元台へ。ロープウェイからの風景。 一面がオレンジ色の絨毯みたい。



山頂は・・何か色々ありそうな気配!いざ冒険!



隊長!秘密基地を発見しました!
他にも空中庭園やら怪しげなロッジ村など、自然じゃないもの満載であります!



仙人になった気分で。

またいつか、アレを探しにいかなくちゃ。



なんか風が心地よい・・(ラーメンまだかな・・)



「ラーメンひらま」さんの醤油ラーメン。優しい味。



滑津大滝へ。滝と遊歩道が好きです。



ちょっと怖いけど。



なぜか大好き。



わー!お久しぶりー。元気してたんだ!



やっぱり旅の〆にはソフトクリーム。

ああ、楽しかった。
さて、次はどこに行こうか。

 
| ちょっと旅なこと。 | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
*Appleなこと。

長年のdocomo愛に終止符をつけ、携帯を iPhone4s by au にしました。
4sの会見は朝方までリアルタイムで英字サイト解読して、キャーキャー言ってました。形状も噂みたいに薄くならなくて嬉しい。個人的には。テザリングまだ対応していないのは少し残念だけど。
GIZMODEなどにも出てましたが、au3G回線、早いです。サクサク。
勿論、まだユーザーが少ないからということもありましょうが。

そして合わせて、この機会にMACも更新!Mac Book Airを購入。
ああ、この薄さなのに、このスピード・・素敵。
なにせ持っていたG5はintel環境ではなくてPowerMac環境だったので、色々同期もとれるし、Wi-Fiだ、Bluetoothだ、もうなんか楽しい楽しい!(今頃ですが)
これでやっと天気の良い日はベランダでPCがいじれる。

BELKINのBluetooth ミュージックレシーバーも購入したのですが、これも小さいのにすごく良いです。

はぁ、昨日から色々設定とかアプリ試しすぎて寝不足です。
| Macなこと。 | 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
*OK Go - Here It Goes Again


●OK Go / Here It Goes Again

彼らなんてとびっきりキューットなの☆!!
こんなキュートなBOYSがいたら恋してしまうわッ!
| 音楽なコト | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/39PAGES | >>